Be Inspired,
国民目線の政治へ!
みなみ純
衆議院東京9区支部長 Be Brave, Protect Our Future!

【イベント告知】 講演会「新しい日露関係の夜明け」(6/11(金)18時開演@練馬ココネリホール)

鈴木宗男参議院議員、佐藤史人名古屋大学教授をお招きし、講演会「新しい日露関係の夜明け」を下記のとおり開催いたし
講演会「新しい日露関係の夜明け」
  • Friday, June 11, 2021 AT 18:00
  • Nerima

衆議院支部長よりご挨拶

私は、東京都内で警察官として奉職した祖父、NPO活動(子どものためのオーケストラ支援)に従事する父の影響で、社会正義の為に働く弁護士となりました。

しかし、コロナ禍という未曾有の事態に際して、国民のことを最優先に考えない国会の様子を目の当たりにして、日本の将来に対して強い危機感を覚えました。

私は、この状況を引き起こしている一番の原因は、

政治に対する不信感にあると考えています。現在有権者の5割ほどしか投票に行っていませんが、このように投票率が低いと、政策など関係なしに投票する地元支持者が多い現職議員が勝ってしまいます。そして、選挙で負けない以上、国民をないがしろにする政策を強引に押し進めることができてしまうのです。

しかしながら、投票に行かないのは皆さんのせいではありません。投票したい野党が存在しないからです。失われた30年間、野党は自民党に反対するだけか、スキャンダル批判や政策の違う政党同士の野合ばかりでした。与党になって政権をとったこともありましたが、国民との約束を守らず、その後の選挙では政党の名前を変える始末です。このような政治家の態度に多くの人が失望し、政治に無関心となってしまったのです。

大学・大学院で借りた奨学金を返済中でお金もなく、親族に政治家・政治関係者はいなくて選挙など全くわかりませんでしたが、売上減や倒産、ボーナス減や雇止めで絶望する人々や疲弊する医療関係者を目の当たりにして、「私のような若い世代が、日本の未来のために立ち上がらなければ」との思いから、政治塾などにもいったことがないのにいきなり政党ホームページから公募し、今にいたります。

政治については全くの素人ですが、逆に考えれば政治に関心のない皆さんの気持ちがよく分かりますし、政治の世界が分からないからこそシガラミのない新しい政治をつくっていけます。また、政治と法律は切っても切れない関係にありますので、法律のプロである弁護士として、私の知識・経験は必ず皆さんに貢献できるものと信じております。

自民党や他野党でもない、国民目線の改革中道政党の一員として、皆さんの政治に対する信頼を取り戻すために力を尽くしたいと思いますので、どうぞご指導・ご支援のほどよろしくお願いいたします。

続きを読む

日本維新の会機関紙<号外>衆議院東京都第9区選挙区支部長決定

吉村副代表との対談が読める、日本維新の会機関紙は、ここから見れます

日本維新の会と他党との違いについては、下にスクロールして中段あたりの記事をごらんください。

01.

政策

みなみ純が目指す未来・政策についてはこちらをご覧ください

02.

プロフィール

みなみ純のプロフィール・経歴についてはこちらをご覧ください

03.

寄付・ボランティア

当事務所の活動にご協力いただける18歳以上の日本国籍の方は、こちらにご連絡ください

「日本維新の会」と他党との違いは?

~自民党の補完勢力などではなく、常に国民目線で一貫して改革を断行する中道政党です~

 企業団体献金改革力政策
自由民主党受取〇保守・企業ファースト
立憲民主党受取〇反自民ファースト
日本維新の会禁止×(党規約27条)中道・国民ファースト

党規約27条:本党(全ての支部を含む)は、企業その他の団体(政治団体を含む)からの寄附を受け取ってはならない。

日本維新の会は、大政党制を目指す政治集団です。自民党との連立は目指しません(※外部リンク)。

そして、自民党や他野党とは違い、政治思想に左右されることなく、国民が最も必要としていることを具体的な政策にして実現していく中道政党です。

いままでの野党は、国民の利益よりも政権を奪取することばかりを考え、国民のための政策議論を脇に置いてスキャンダル批判に終始してきました。これは政治の私物化であり、国民目線の政治とは呼べません。大切なのは選挙で約束した国民目線の政策を実現していくことです。

したがって、政権与党が国民目線の政策を実行するのであれば反対する必要はありません。日本維新の会は、まず国民が今一番必要としている政策を速やかに実現することを最優先に考えているからです。一方で、政権与党が国民をないがしろにする政策を強行するようであれば、毅然として反対していきます。特に、企業団体献金を受け取る他党では既得権を改廃することは非常に困難であり、その点において日本維新の会はしがらみのない政治改革集団として政権奪取を目指していきます。

 

自由民主党 :企業団体献金を受けているので既得権益や企業利益を優先し、国民のことは後手に

立憲民主党 :共産党と連携するなど政策は反自民以外一貫せず、民主党政権時代には公約を守らずその後名称変更

日本維新の会:議員給料や議員定数削減等の身を切る改革を実際に実行、被災地寄付・教育無償化等を実現済み(※外部リンク

街頭演説握手会(予定)@練馬駅前
  • Sunday, December 05, 2021 AT 7:00
  • Nerima